患者先行型治療-2ヶ月目一覧

患者先行型治療の2か月目は、スポーツでいえば「練習試合」

患者先行型治療をスポーツとみなせば、2か月目は「練習試合」です。治療に取り組むにあたって、「真剣に取り組まないとダメだ」と気合が入ってしまうと、続かない可能性があります。なので、2ヶ月目はあくまで「練習試合」のつもりで気楽に取りくんでください。

腰痛治療の王道は、「筋肉の状態をよくする」こと。それを再確認しよう

あなただけの腰痛治療のプランを組んでいく中で、目標がブレてきてしまうことがあるでしょう。なので、あくまで最終目標は「腰の筋肉の状態をよくすること」であることを再確認してください。腰の筋肉の状態がよくなれば、腰痛はかなり改善します。

腰痛治療のための運動をするには、まずは無理をしないことが大事です。

腰痛治療のための運動を習慣化するためには、まずは無理をしないことが大事です。僕も、運動をはじめるときには、ほんとに、簡単なことから始めました。いきなり頑張ると、「運動はきつい」という思いにつながってしまうため、よくないです。あくまで簡単なことからはじめましょう。