腰痛対策に!「体をひねる(ねじる)運動」は、忘れられがち。効果あるから毎日やろう!

天野カズです。本日のアウトプットです。

このブログは、腰痛は患者先行型治療で治していくべきだ、とのコンセプトで書き進めています。患者先行型治療とは、病院や整体だけに頼るのではなく、患者自らが腰痛のことを知って、生活改善をして治していく、という治療方法です。

さて、今回は、「腰をひねる(ねじる)と腰痛が改善する」というテーマでお届けします。これは、腰痛に苦しんできた僕自身が実感してきたことです。また、山内英雄さんと島泰三さんの共著 『腰・肩・ひざは「ねじって」治す 魔法のリセット・トレーニング』にも書かれていることです。この本については、別の記事で触れていきますね。

腰をひねると腰痛が改善します!

突然ですが、あなたは、「腰痛体操」と聞いて、どのようなものをイメージするでしょうか?おそらく、

  • 筋トレ
  • ストレッチ

などでしょう。ピラティス(体幹トレーニング)も、筋トレに含まれますね。これらが、多くの人がイメージする「腰痛体操」だと思います。もちろん、それは正しいことです。

しかし、何も腰は筋肉だけが大事なわけではありません。大事な要素がまだありますね。それは、

関節を使ってひねる(ねじる)動き(回旋)

です。

この「ひねる(ねじる)」という動きで、腰は体全体の動きをを微調整しているのです。なので、むしろ筋肉を鍛える、伸ばすという運動以上に、「ひねる(ねじる)」という運動が重要なのです

僕が腰をひねる運動の重要性に気づいたきっかけ

僕がなぜ、「腰をひねる運動」の大切さに気づいたか、書きましょう。

僕は、本格的に腰痛治療に取り組んだ当初、生活時間のほとんどの時間を腰痛治療に当てていました。ストレッチや運動ですね。

もちろん、仕事は少なめにしました。
しかし、そうやって、体を休ませたり、運動やストレッチをしているのに、どうも、十分な腰痛の改善がなかったのです。

そんなある日、テレビでフラフープの特集しているのを見たのです。このとき、

「そういえば、ねじる系、ひねる系の運動をほとんどしていないな」

ということに気づきました。で、試しに「ねじる系、ひねる系」の運動をしてみました。

すると・・・

初日から明らかな改善が見られました。具体的に言うと、

  • 腰の痛みが減った
  • 腰がよく動くようになった

の2点です。このとき僕は思いました。

「僕の腰痛は、どうやら本当に完治しそうだぞ」

と。

以前も書いたとおり、僕の腰痛は、「第5腰痛分離すべり症」です。
この、20年にわたって苦しんできた腰痛から、どうやら解放されそうだという希望が見出せたとき、思わずニヤニヤしてしまったくらい、本当に嬉しかったのを覚えています。

もちろん、激変というわけではありません。ひねる運動をしたことで、少し改善した、という感じでした。しかし、たとえ少しの改善でも、それは希望になります

少しずつ積み重ねていけば、だんたん、完治に近づいていくわけですから。

なので、あなたにもぜひ、この「ひねる(ねじる)」という運動を取り入れてもらいたいのです。

具体的に、どのように「ひねる(ねじる)」のか?

ねじる、ひねる運動は、あなたの感覚でやって構いません。腰を中心に、体のあらゆるところを「ぐにゃぐにゃ」とひねればOKです。体中をひねるとはいっても、もちろん、腰を多めに行ってください。具体的には、

フラフープをまわすような運動

です。これを1分程度したあと、腕や足、首などもひねってまわしていきましょう。ぐるぐる回す感じでやってみてください。

ただ、注意点があります。それは、

決して無理しないこと

です。これは全ての腰痛体操、ストレッチに言えることですが、あなたができない角度まで曲げようとするのはよくありません。無理をすると、逆に炎症が起きて回復が遅れてしまいます。

なので、あなたのできる範囲でやってみてください。
毎日続ければ、必ず、腰痛が改善していきますよ!

以上、天野カズからの、あなたへのアウトプットでした。頑張っていきましょう!