「原因がわからない腰痛(非特異性腰痛)」の原因を判別する方法!

天野カズです。本日のアウトプットです。

まず、本題に入る前に・・・

この記事は、元患者の立場で書いています。

僕は、患者先行型治療で、腰痛を完治させました。患者先行型治療とは、整形外科や、整体師やカイロプラクターが腰痛を治すのではなく、患者自身が治療法を計画し、それを遂行していく治療法です。

あくまで整形外科、整体、カイロの先生は、その治療をサポートしていくものであり、治療をしていくのは患者自身の生活習慣の見直し、体操、ストレッチによるものである、という考えで行っていく治療法です。

このブログでは、いろいろな治療法を紹介することで、あなたが腰痛の治療計画を立てるサポートをしていきます

「原因がわからない腰痛」(非特異性腰痛)の恐ろしさ

最近では有名な話になってきましたが、腰痛患者の85%は、原因がわからないといわれています。いわゆる、「非特異性腰痛」です。

レントゲンやMRIなどでヘルニアや分離症、すべり症などの疾患がみつかれば、それが腰痛の原因である可能性があります(とはいえ、それが原因ではないことも非常に多いです)。

原因がわかれば、その原因部分を改善していけばいいのですが、原因がわからない腰痛の場合、いったいどのように治していけばいいのか、全く検討がつきません。

だからこそ患者にあたえる心理的影響はとても大きく、それがストレスになってうつになってしまうケースもあります。

それくらい、「原因がわからない腰痛(非特異性腰痛)」は、患者にとってはおそろしいものなのです。
 

見えない敵と戦っているようなものですから・・・

「原因不明の腰痛」の、「原因」はコレだ!

ここでは、そのような見えない腰痛の原因を、はっきりと見えるようにしてみます。

参考文献は、金岡恒治先生(早稲田大学教授・オリンピックドクター)の「その腰痛は治る!」です。そこから、僕の経験を踏まえてノウハウを書き記していきます。

「見えない腰痛の原因」は、整体やカイロにいけば、原因部分を特定してくれることもあります。ただ、僕が提唱する「患者先行型治療」では、患者自身が治療を引っ張っていくことが重要です。

なので、完全に他人任せにせず、あたた自身で、あなた自身の腰痛の原因をさぐっていきましょう!

まずは、「原因がわからない腰痛」の「原因」がどこにあるのか。その可能性が高い部分を4つ、あげてみます。

「原因がわからない腰痛」の原因は以下↓↓↓

  1. 椎間板(可能性20%)
  2. 椎間関節(可能性40%)
  3. 仙腸関節(可能性10%)
  4. 背骨に沿った筋肉(脊柱起立筋)(可能性30%)

以上の四つです。

よく、腰痛の原因のほとんどは仙腸関節にある、ということが言われる場合があります。特に、「AKA博田法」関連の書籍を読むとそのような説が書かれています。

また、仙腸関節専門の高額な治療院もたくさんありますが、上記のように、かならずしも仙腸関節がほとんどというわけではありません。

なので、仙腸関節専門の治療院に行くことを検討されている方は、このブログの記事で一応、自分の腰痛の原因が本当に「仙腸関節」にあるのかどうか、確認したうえで通われることをおすすめします。

なお、金岡先生は、五輪(シドニー・アテネ・北京・ロンドン)の正式なドクターであり、治療経験が豊富です。

その先生が算出された数値ですので、あなたにとってかなり有益な情報ですよ。

どこに腰痛の原因があるかは、自分で目星をつけることができます。その方法を、ご紹介します。
(長くなりますので、記事を何回かにわけて書きますね。)

あなたの腰痛は、どこが原因なのか、探る方法

ここでは、原因のわからない腰痛(非特異性腰痛)の方に有効な見分け方をご紹介します。

ただ、ヘルニアや、分離症、すべり症などの、「原因がわかっている腰痛」の場合も、実はここで紹介する方法での場所が大きくかかわっていることもあります。

なので、もしあなたが、「原因がわかっている腰痛」であったとしても、参考にしていただけたら、と思います。

見分け方は、以下です。

【痛みの原因】

  1. 前かがみで痛む場合……椎間板が原因
  2. 後ろにそらすと痛む場合……椎間関節が原因
  3. おしりを指で押すと痛む場合……仙腸関節が原因
  4. 背骨の両端を指で押すと痛む場合……背骨に沿った筋肉(脊柱起立筋)が原因

上記の、それぞれの詳しい解説と、治し方は次に記事から書いていきます。ぜひ、チェックして腰痛の治療に役立ててください!

少し話がそれますが・・・

僕が提唱する「患者先行型治療」では、あくまで痛みを取り除くには

「筋肉のこわばり」をやわらかくしていく

という原則のもとで治療していきます。つまり、筋肉が痛みの原因と考えるわけです。

しかし、正確にいえば、筋肉のこわばりが「原因」ではなく、筋肉のこわばりはあくまで腰痛の結果、起こった「現象」です。

ただ、腰まわりに「筋肉にこわばり」があることは、全ての腰痛患者に共通していることです。

なので、すべての腰痛患者に共通する「筋肉のこわばり」という現象をなくすことを目標に治療していけば、筋肉のこわばりはなくなります

つまり、このとき、あなたはすべての腰痛患者に共通する現象を持たなくなった、ということになりますので、腰痛患者ではなくなるのです。当然、痛みがなくなるのです。

しかし、この記事では、「現象」ではなく、「原因」に注目します。

具体的に腰痛を治していくときは、心構えとしては「筋肉の改善」に一点集中した方が治療に取り組みやすいです。

ですが、その前に「原因」の方にも目を向けて自分の腰痛の全体像をイメージすることも重要です。なぜなら、イメージがはっきりとできた方が治療の効果があがるからです。

ですので、筋肉のこわばりという「現象」がどこから起きているのか、イメージするために、そのこわばりの「原因」もしっかりと見ていきましょう!

それでは、次の記事から、各項目、つまり、上記の【痛みの原因】の説明に入りますね。

以上、天野カズからの、あなたへのアウトプットでした。頑張っていきましょう!